ファミリアのベビー服はかわいくて丈夫なのでおすすめポイントをご紹介

ファミリアベビー服シンプルかわいくて、男の子でも女の子でもおすすめです。

私も息子が赤ちゃんの時は何枚か購入しました。

ガシガシ洗濯して頻繁に着ていましたが、サイズアウトになるまできれいに着られるくらい丈夫なので、次の子が産まれたらおさがりとして十分着られそうです。

産まれてくる赤ちゃんにまずはどんな服を着せよう・・・と悩むのも出産前の楽しみのひとつだと思うので、今回はファミリアのベビー服のおすすめポイントをご紹介します。

上品でシンプルでユニセックスなデザイン

ベビー服は「生まれる前は最低限の枚数だけ買っておいて、あとは生まれてから枚数を揃える」のがいいと思います。

産まれる前に用意をしていても、どんな大きさで生まれてくるか、どんな顔つきなのかで合うサイズやデザインが異なります。

やっぱり子供に合ったものを着てほしいですよね。

カラフルな色使いのものが多いベビー服ですが、我が家の息子は一重まぶたで大人っぽい顔つきだからか、そういうものがあまり似合いませんでした。

なのでそんな息子にも似合って、できれば次に出産した時に男の子でも女の子でもおさがりできるようなデザインがいいなぁと考えながらベビー服を探していました。

そこで一番しっくりきたのがファミリアです。

ツーウェイオール


出典:www.familiar.co.jp

明るいけれどもやわらかさのある色に、主張しすぎない動物のイラストはかわいらしくて上品さもあります。

カラー問わずに男の子にも女の子にも似合うデザインではないでしょうか。

寒い時期には上からおそろいのベストを着せてもかわいいですよね。

ベスト


出典:www.familiar.co.jp

最近のベビー服は大人の服を小さくしたようなおしゃれなものも多いですが、こういう赤ちゃんのときしか着られないようなデザインを着せて、赤ちゃんらしさを思いっきり楽しむ方が個人的には好きです。

やわらくて着心地のよさそうな生地

カバーオール


出典:www.familiar.co.jp

産まれたばかりの赤ちゃんはまだまだ肌が敏感なので、なるべく着心地のいいものを着せてあげたいですよね。

ファミリアのカバーオールは綿70%・ナイロン30%のストレッチパイルのものが多いです。

このストレッチパイルは手触りがとてもよく、吸湿性もあって、名前の通りストレッチがかなり効いています。

手足を活発に動かすようになったばかりのときは、なるべく動きの妨げにならないものを着せて存分に動かして欲しかったので、その点もファミリアのベビー服は満点でした!

丈夫で長持ちする生地

他のお店で買ったベビー服は、着続けるうちに少し手触りが硬くなってきたり、毛玉ができてきたりしましたが、ファミリアの服はそういうこともありませんでした。

洗ってもやわらかいままで、着心地もかわらなかったと思うので、子供にも安心して着せることができました。

高すぎない価格

私が子供が生まれる前にベビー服を買ったのは、メジャーな赤ちゃん用品専門店でした。

そこまで安くはなく、3,000円ぐらいだったと思います。

新生児用の服は一番最初に着せるものなので、素材にそこまで敏感ではない私もちょっと気を使って選んだ結果だと思いますが…

後から考えると、ファミリアで全部揃えてもよかったなぁと感じています。

ファミリアはちょっと高いイメージがありましたが、新生児用の服はパイル地のものなら大体4,000円~5,000円くらいなので、私が最初に買い揃えたものと価格はそこまで変わりません。

かわいさや丈夫さ、着心地(これは想像ですが)などコストパフォーマンスという点で考えてみると、ファミリアのベビー服は決して高い価格ではないと思います!

最後に・・・

新生児には何を着せたらいいのか、手探りなのでとても悩みますよね。

ベビー服のブランドもミキハウスくらいしか知らなかった私は、服を買うのにあまり選択肢がありませんでした。

産まれるまでは他に買いそろえるものもたくさんあって出費もかさむので、それなりの着心地で、でもなるべく低価格なものがいいなぁと思っていました。

でもいざ産まれてきた赤ちゃんは、思っていたよりもとても繊細で、とてもかわいくて、洋服もついついもっといいものを着せたい!という気持ちになってきました。

とはいえやはり予算はあるので、この価格でこの品質のファミリアはとてもありがたかったです。

ぜひファミリアのベビー服を試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする