ユニクロ、GU、無印良品のダウンベストを比較!特徴とおすすめポイント!

今回は秋冬の定番アイテム「ダウンベスト(インナーダウン)」をユニクロ・GU・無印良品で比較してみました。

ダウンベストは、アウターとしてだけでなくコートの下にインナーダウンとして着用することも増えたので、今やすっかり秋冬のオシャレにはなくてはならない存在です。

厚着になるので洋服代がかかってしまう秋・冬は、できればプチプラアイテムを上手に使ってオシャレを楽しみたいところ。

ユニクロ・GU・無印良品はどれもプチプラでダウンベストを販売していますが、同じダウンベストでもちょっとずつ個性があります。

それぞれのダウンベストの特徴とおすすめポイントをまとめてみましたので参考にどうぞ!

ユニクロ

ウルトラライトダウンコンパクトベスト ¥3,990


出典:www.uniqlo.com

とっても薄手で軽くて着ていないのかと錯覚するほどなのにちゃんと暖かい、機能性の高いユニクロの名品です。
丸首で作られていますが、内側に折り返してボタンで留めればVネックにもなるので、アウターからインナーダウンがチラ見えするのも防いでくれます。
すっきりしたシルエットなので、ダウン特有のもこもこ感が苦手な方におすすめです。

ライトダウンベスト ¥5,990


出典:www.uniqlo.com

こちらはメンズアイテムですが、コットンライクな生地、フロントのボタンなどがカジュアルスタイルにぴったり。
カラー展開も定番色だけでなくレッド・ブラウンなど秋冬コーデのポイントになるカラーも。
デザインだけでなく耐久撥水加工がしてあったり、ポケットの裏地がフリースになっていたりと機能面でも優秀なダウンベストです。

GU

2WAY中綿ベスト ¥2,990


出典:www.uniqlo.com

フードが取り外しできる2WAYの中綿ベスト。
名前の通りダウンではなく中綿なのでやや保温力は劣るかもしれませんが、アウターとしてさっと羽織る時期には逆にぴったりなアイテムです。
ブラック・ネイビー・ベージュ・オリーブの4色展開ですがどれもシックなカラーで、スニーカーだけでなくヒールやスカートに合わせた女性らしいコーディネートにもハマります。

ウィンドプルーフ中綿ベストGS ¥2,990


出典:www.uniqlo.com

スポーティな着こなしにピッタリなのがこちらのベスト。
すっきりしたデザインで、カラー展開も真っ白やパープルなどちょっと個性的。
今トレンドのダッドスニーカーとの相性も◎
人とかぶらないダウンベストコーデをしたい方におすすめ。

無印良品

軽量オーストラリアダウンポケッタブルノーカラーベスト ¥3,990


出典:www.uniqlo.com

薄手で軽い無印良品のダウンベスト。
ですが高品質なダウンを使用しているので暖かさと着心地の良さは抜群。
デザイン面でもややシェイプされ着た時にスッキリ見えるウエストや、パイピングになっているアームホールなど細やかな工夫がされています。
ベストの内ポケットにそのまま畳んで収納できるので持ち運びしやすいのもおすすめポイントです。

軽量フレンチダウンポケッタブルスタンドカラーベスト ¥3,990


出典:www.uniqlo.com

保温性・柔軟性・放湿性に優れたフレンチダウンを使用したベスト。
暖かさ、着心地の良さを求める方におすすめです。
マットな生地感でダウンのボリュームも控えめになっているので、普段はダウンベストを着ない方にも挑戦しやすいデザインです。

ブランドごとの特徴と比較

各ブランドごとに以下の特徴があります。

ユニクロ:機能性の高さ
GU:ファッション性の高さ
無印良品:ダウンの品質・暖かさ

ユニクロは耐久撥水加工や、UネックにもVネックにもなるインナーダウンとしての使いやすさなど、ダウンベストプラスアルファの機能が豊富。

GUはカジュアルだけでなく、女性らしいコーディネートやアスレジャー・スポーツミックスコーデにハマるデザイン性の高さが魅力。

無印良品はフィルパワー750の高品質ダウン(フィルパワーというのはダウンの膨らみを表す単位で、600~700で良質ダウン、700以上だと高品質ダウン)で、軽くて暖かい着心地の良さが特徴です。

私はインナーダウンとしてメインに使いたいのと、手持ちのアウターがVネックのものが多いので、ユニクロの「ウルトラライトダウンコンパクトベスト」が気になります。

プチプラですし買ってみようと考えてます。

ぜひこちらの記事を参考にしてお好みのダウンベストを見つけてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする