ユニクロのスカンツやスカートで女性らしさをコーデ!おすすめポイント~2016年~

ユニクロのスカンツやスカートはトレンドを取り入れたデザインで、オシャレでかわいいコーデができるものがたくさんあります!

特に暑い季節はパンツよりもスカートが履きたくなってしまう方も多いのではないでしょうか?

私もその一人です。

スカートはもちろん、スカンツやスカーチョなどパンツだけれどスカートのように見えるアイテムがユニクロにはたくさんありますよね♪

涼しくて女性らしさのあるコーデができてしまうスカンツやスカートからおすすめアイテムをご紹介します!

ドレープイージースカンツ


出典:www.uniqlo.com

2016年トレンドど真ん中のアイテムがスカンツ!

スカートのようなシルエットですが、実はパンツなのでかわいらしさと動きやすさのいいとこどりです♪

タックがあることで流れるようなドレープができるので、きれいなシルエットができるのはもちろん、ヒップラインをさりげなくカバーしてくれるのも人気の理由。

ボリュームがあるボトムスなので合わせるトップスはノースリーブのカットソーやニットがおすすめ。

トップスをインしての着こなしもサマになりますよ。

カットソーイージースカンツ


出典:www.uniqlo.com

こちらはドレープイージースカンツに比べてシルエットがすっきりしています。

落ち感があってふわっとしていないのでワイドパンツに近く、スカートがちょっと苦手という方はこちらのスカンツから挑戦してみるのがおすすめ!

夏はスカートだと左右の足が触れてぺたっとするのが気になる方もいると思いますが(私がそうです)、スカンツならそれも防げるのも魅力ですよね。

こちらもトップスはインしてバランスよく着こなしてくださいね。

ノースリーブはもちろん、ロゴTシャツやシャツなどメンズライクなアイテムを合わせてもかわいいですよ。

シフォンプリーツスカート 


出典:www.uniqlo.com

発売した当初からインスタグラムやブログでとても人気だったプリーツスカート。

ロング丈でシルエットもすっきりしていて甘すぎないので、大人の女性にも着やすいスカートです。

カラーも6色展開と豊富で、それぞれの色で印象ががらりと変わるので色違いで購入する方も多いアイテム。

ブラウスにヒールを合わせたきれいめなコーデはもちろん、Tシャツにスニーカーでカジュアルダウンさせて着るのもおすすめ!

シアサッカーフレアスカート+E


出典:www.uniqlo.com

シアサッカー素材という表面がぽこぽこした生地を使用していて、夏でも肌に貼りつくことなく気持ちよく履けるスカートです。

ルメールとのコラボラインで、フレアがウエストからがっつり入っているわけではないのでシャープさと華やかさのバランスが絶妙です。

一見甘く見えるので女性らしいトップスを合わせようと思ってしまいますが、Tシャツ・シャツ・カットソーなどなどなんにでも合わせられる万能な一着!

でも今年はやっぱり足元はスニーカーやスポーツサンダルではずしたコーディネートがオシャレに見えそうですね♪

メリノブレンドリブスカート


出典:www.uniqlo.com

こちらは秋の新作ですがすでにインスタやブログで話題になっています。

リブやミディ丈などトレンド要素がたくさん詰まっていますが、タイトに近いすっきりしたラインで落ち着いた着こなしができます。

身体のラインを拾いすぎることなく程よいフィット感で、履くととってもきれいなシルエットになるので、ぜひぜひ試してみて欲しい1着です!

セットアップとして着られる「メリノブレンドリブタートルネックセーター」もありますが、今年大人気の「リブクルーネックTシャツ」と合わせてもかわいいですよ♪

最後に…

年齢を重ねたり子供を産むとだんだんパンツばかりになってきて、スカートを履くことをためらってしまうようになった方もいるのではないでしょうか?

私もここ何年かはほとんどパンツばかりでした。

ですがここ最近のスニーカーやコンフォートサンダルブームで、スカートもカジュアルに履くのが定番になってきましたよね。

女性らしいスカートはちょっと苦手でも、スニーカーと合わせるといい感じに甘さが中和されるので、気軽にスカートが履けるようになりました。

せっかくなら自分に似合うものを見つけるべく様々なデザインに挑戦したいので、そういうときにはやっぱりお手頃価格のユニクロ!

紹介したもの以外にも色々なスカートがあるので、私のようにスカートに慣れていない方はもちろん、スカートが大好き!という方でもきっと気に入るものが見つかると思います。

ぜひUNIQLOのスカートでおしゃれなコーディネートを楽しんでくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする